ダイエットトレーナーが伝える腸活の真実とは!!

ご予約・お問い合わせ

ダイエットトレーナーが伝える腸活の真実とは!!

ダイエットトレーナーが伝える腸活の真実とは!!

2017/10/31

ダイエットトレーナーが伝える腸活の真実とは!!

【ダイエットで重要になる腸活の基礎知識を手に入れろ!!】

【ダイエットで重要になる腸活の基礎知識を手に入れろ!!】

ブログを見ていただきありがとうございます。今回は胃腸に関して、ひもといていければと思います。

 

皆さんはダイエットには興味はあっても、胃腸には特に興味がなく便秘気味です・軟便です程度もしくはお肌トラブルかも知れませんが、実はダイエットに胃腸は非常に密接に関係しています。

なので、うちのお客様にも腸内環境を良くして頂くためのノウハウをご提供しています。

 

 

では、早速ですが、腸の常識チェック!!

 

①腸内細菌の菌の種類は思春期でほぼきまる

 

②悪玉菌は絶対悪ではない

 

③死んだ乳酸菌、実は腸内細菌の活性に役立っている

 

④腸内細菌のバランスは数日間で入れ替わる可能性大きい

 

⑤腸が調子悪い時は胃も調子が悪い

 

いかがでしょうか。そのくらい知っているよっておしゃられる方もいるかと思いますが、意外と知られていない内容なんですよね。では一つ一つ説明していきましょう。

①腸内細菌の菌の種類は思春期でほぼきまる

どんな菌が腸内に生息するかは、15~16歳までに組成はほぼきまり、大人になってもそれを安定して保ち続けます。根本から腸内フローラを変えようと思っている人にはかなりショック!ではあるが、新たに善玉菌を増やそうとするのはなかなか難しいのが現状です。ただし、本来持っている善玉菌を活性化(腸活)することはできるとされています。

腸内フローラとは?

私たちのお腹には、たくさんの細菌が住みついています。その中でも腸内に住む菌は腸内細菌と呼ばれ、種類は100種類以上そして、その数はなんと約100兆個にもなります。これら多種多様な最近のいる小腸の終わりから大腸にかけての様子を花畑(フローラ)にたとえ「腸内フローラ」と呼ばれれいます。

②悪玉菌は絶対悪ではない

善玉菌、悪玉菌は聞いたことがあると思います。悪玉菌をなくして、善玉菌を増やそう!!ってCMが流れていた時代もありましたが、この悪玉菌でも、腸にとって必要な働きをしている場合も・・。実は不要な菌はなく、あなたのカラダに必要なものとしてすべての腸内細菌は生息しています。悪玉菌でも常に害を及ぼすわけではなく、消化・吸収を助けたり免疫機能を高めたりと、それなりの役割も果たしている。大切なのは、細菌のバランスを整えること。これも腸活なのです。

 

③死んだ乳酸菌、実は腸内細菌の活性に役立っている

善玉菌の代表でもある乳酸菌は、生きたまま腸に届かないと意味がないと思っていたらそれは大きな間違いです。加菌ではなく、腸内環境全体を整え、腸を活性化させて行く菌の観点に立てば死んだ乳酸菌が役に立つ場面も多いはず。免疫力を上げる点では、死菌の方が活躍するのです。意外な腸活方法ですね。

 

④腸内細菌のバランスは数日間で入れ替わる可能性大きい

腸内細胞は、数日間で生まれ変わると言われています。そのため、食生活や生活習慣を改善すれば、健康な腸の状態に徐々に移り変わり、腸内細菌が活性化しやすい環境に整ってくれます。早い人では、数日で便秘が治るなど、改善の実感をスピーディーに得られる場合もあるとか・・。諦めずに続けることが腸活生活に必要です。

⑤腸が調子悪い時は胃も調子が悪い

本来、口から肛門までは6から10メートルの1本の管でつながっています。特に胃から大腸までは粘膜組織の覆われ食物の消化、分解、吸収をするために大切な役割を担っています。そう考えるとうなずけるはず(^-^)。

 

執筆者の想い

ダイエットには必ず腸内環境のお話が出てきます。ご自身の体調面やお肌の調子、病気の有無まである程度分かってきたりします。新(真)情報をしっかりとキャッチして、自分のものにしていきましょう。そのために、わかりやすく随時お伝えできればと思います。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。